夜バナナダイエット

夜バナナダイエットって効果があるの?

 

数年前に「朝バナナダイエット」が流行りましたよね。
最近では「夜バナナダイエット」がちょっとした話題となっています。

 

そこで今回は、夜バナナダイエットのやり方と効果、そして失敗する原因や事例をご紹介します。

 

夜バナナダイエットは、松生(まついけ)クリニックの「腸の名医」と呼ばれる松生恒夫医師が進めているダイエット方法です。
松生医師は、国内では殆ど無い「便秘外来」を解説したり、延べ3万人以上の外来さんの腸を見てきたスペシャリストですので信憑性がありますよね。

 

ではそのやり方と効果を見ていきましょう!

 

夜バナナダイエットの方法

 

1.夕食前にバナナを2本食べる。
2.水や白湯などを200ml飲む。
3.夕食は通常通り食べる。

 

これだけです。
食事制限は特に設けていません。

 

では、これだけたらふく食べても大丈夫なのでしょうか?

 

 

夜バナナダイエットのメカニズムとは?

 

夜バナナダイエットはなぜ効果があるのか、そのメカニズムをまとめてみました。

 

1.水分をたくさん摂取する
バナナには水分がたくさん含まれており、それだけで結構満足を得られます。

 

2.食物繊維をたっぷり摂れる
同じく食物繊維がたっぷりで、便を排出する効果があります。

 

3.オリゴ含有
バナナにはオリゴ糖が豊富にあり、腸に入ると善玉菌になって腸内環境を整えます。

 

4.マグネシウム含有
マグネシウムは腸内で水分を取り込んで便を柔らかくする働きがあります。

 

 

どんな効果があるの?

 

1.夕食の量が減る。
当然最初にバナナを食べますので、夕食そのもののトータルカロリーを減すことが出来ます。

 

2.腸内環境改善・便秘改善・代謝促進
上で解説したとおり、腸にいいことづくめです。
腸の改善はダイエットにおおいに関連がありますよね。

 

3.代謝促進のビタミンB群が豊富
バナナには糖や脂をエネルギーに変換して代謝するビタミンB群が豊富に含まれています。

 

 

以上のような効果で、短期間でお腹がへこんだ、体重に変化があったという方も多いです。

 

 

デメリットは?

 

夜バナナダイエットは正しく行わないと逆に太ったりします。

 

バナナを食べているから安心と、高脂肪や高カロリーのものを摂りすぎるとか、たくさん飲酒してしまうと、過剰に脂肪がつく原因になります。
こうなったら元も子もありませんね。

 

とにかく食事の量はコントロールしなければいけないようです。
痩せるならキチンと食べて、代謝を落とさず健康的に痩せたいですもんね。

 

 

>>リバウンドなしのダイエットをサポートするグリーンシェイパー