グリーンシェイパー 副作用

グリーンシェイパーの副作用って?

 

従来のダイエットサプリと異なり、飲んで素早く結果が出て、しかも太りにくい(脂肪がつきにくい)体質に改善までしてくれる「Half50配合」のグリーンシェイパー。

 

ネットでの口コミも
「目標体重まで落とすことができた。」
「何をやってもダメだったのに成功した。」
「リバウンドもなく、キレイに痩せることができた。」
など喜びの声が寄せられています。

 

では、副作用はなく安全のでしょうか?
グリーンシェイパーの副作用について調べてみました。

 

気になる副作用はあるの?

 

グリーンシェイパーは1日に1粒〜2粒を目安にして、水かぬるま湯と一緒に飲むだけです。

 

グリーンシェイパーは薬ではなく栄養補助食品ですので、副作用にのリスクは極めて少ないといえます。
しかし、飲んでみて身体に合わないと感じた人はすぐに服用を中止しましょう。

 

基本、食材と同じですので、アレルギー体質の人は原材料を確認して、成分的にアレルギーがあれば飲むのをやめましょう。
また持病などで薬を服用している人は、医師に相談したうえで服用するか否かを決めましょう。

 

あと、グリーンシェイパーは短期間で結構な体重減をする可能性があります。

 

目標体重を設定した上で、自身の体重の管理を毎日行いましょう。
目標値に達したら一旦服用を中止することをおすすめします。

 

また数日で7kg以上減量した場合も一旦服用を中止しましょう。

 

決められた用法用量はキチンと守りましょう。

 

グリーンシェイパーは正しく使用すれば、副作用の心配は極めて少ないのですが、最低限上記の注意点を守り、正しく服用することが必要です。

 

 

→公式ページはコチラ