脂肪肝は肥満によるもの?予防と改善は?

肥満になると脂肪肝?脂肪肝だから肥満?対策と改善

 

 

脂肪肝とは、肝臓の細胞(肝細胞)に過剰に脂肪がたまった状態で、放っておくと肝炎、肝硬変に進行していき、最悪の場合肝ガンになる恐れを持っています。
そんな脂肪肝、お酒の飲み過ぎや食べ過ぎによって起こりやすく、原因のNo.1が「肥満」によるもの。

 

肥満の人は体中に脂肪がついており、中性脂肪を作り貯蔵する肝臓にも脂肪がつきます。
肝細胞に30%以上脂肪が付着すると脂肪肝の状態です。

 

痩せている人も脂肪肝になりますが、肥満と脂肪肝は密接に関係あるんですよね。

 

グリーンシェイパーの主成分、モリンガと明日葉が脂肪肝の予防や改善の働きをします。

 

 

モリンガで脂肪肝の予防・改善

 

モリンガには非常に多くの成分が含まれています。
・食物繊維
・必須アミノ酸
・8種類のビタミン群
・7種類のミネラル
・ポリフェノール
・ギャバ

 

特にモリンガは必須アミノ酸のすべてが含まれています。
そのうちのリジンという成分が脂肪の分解する酵素・リパーゼの働きを活発にします。
また、メチオニンという必須アミノ酸は、肝臓内の毒素や老廃物を除去し、代謝を促進してくれます。

 

 

明日葉の肝機能への作用は?

 

明日葉も各種ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が豊富に含まれています。
種々の成分が、健康増進や病気の予防に役立ってくれます。

 

中でも、明日葉特有とも言える「カルコン」には抗メタボ作用や内臓脂肪低減作用、抗糖尿病作用などがあります。
そして、肝臓に蓄積した脂肪分を減らす働きがあり、肝脂肪の改善や予防に効果を発揮します。

 

 

肥満と密接に関係のある脂肪肝。
グリーンシェイパーでダイエットしつつ、数値を改善したり、健康な肝臓を保ちましょう。

 

 

>>グリーンシェイパーの飲み方は?